【まとめ】日本のCBDの規制と法律を解説!CBDグミの薬機法違反とは?

CBD

どうもLowfryです。
近年、世界でも大麻合法化の流れが来ており、世界中で合法な国が増えてきました。
しかし、日本では未だに大麻は違法となっています。
そんな大麻に含まれる「CBD」と言われる成分について詳しく解説していこうと思います!

過去記事:【注意】『HEMP BabyのCBDグミ』に成分記載にないメラトニンが混入!薬機法違反で商品を回収。

日本のCBDの規制はこちら

  • 医薬品における規制
  • 大麻や麻薬・ドラッグに対する規制
  • 健康食品に関する規制

上記の事柄が日本国内でCBDがうける規制となっているようです。
しかし、事業者がCBD製品を日本国内で扱う場合には、規制が多くあります。
その規制内容が大まかに分けて3つとなっています。

まず1つ目の日本国内でのCBD関連の規制が、「医薬品における規制になっています。
これは薬機法などの法律と結びつけらるもので、一定の条件を満たしている医薬品に該当すると規制を受けます。

2つ目の規制が「大麻や麻薬に関する規制」となっています。
これは大麻取締法で禁止されている成分や、「THC」と呼ばれる成分が含まれていると規制を受けてしまうという内容です。

最後に3つ目の規制が「健康食品に関する規制」となっています。
これは食品関連の法律となっており、食品にCBDを含む際に必要となる規制です。
製造・輸入・販売方法や表示等が適切じゃない場合に受ける規制です。

日本でCBDが規制を受けるのはどれ?

 

医薬品関連の法律 大麻取締法
麻薬及び向精神薬取締法
医薬関連の法律 薬機法
食品衛生法
健康食品関連の法律 景品表示法
健康増進法
特定商取引法

上記のように日本国内で規制を受ける法律がなんと7つもあります。
それでは、それぞれの法律がどのような、法律となっているのか解説していこうと思います。

大麻取締法

出典:https://originalnews.nico/55774

日本でもTVなどで馴染みの高い法律となっています。
大麻取締法とは、特定の免許を所持していない場合を除き、大麻草の所持と栽培・譲渡を禁止している法律となっています。
*日本国内で規制されている物は大麻草に含まれる「THC」と大麻草の成熟した茎及び種子を以外の部分となっています。

そのため、大麻草由来成分のCBDは日本国内でも規制はかかっていないので、今回ご紹介している大麻取締法違反に該当しません

麻薬及び向精神薬取締法

麻薬及び向精神薬取締法とは、麻薬や向精神薬の生産や流通などなどを取り締まる法律となっています。
大麻に含まれている「THC」と呼ばれる成分あが精神作用が働くため、この「向精神薬」に該当します。
つまり、CBD単体ならこの法律に該当せず、THCが含まれている場合は法律違反となるようですね。

いやぁ違法とされている「THC」に精神作用があるなんて危ないですねー。。笑

薬機法

出典https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/hazama/201911/563141.html

薬機法は大麻由来成分だけではなく様々な化粧品や美容品などの製品にも関わってくる法律なっています。
薬機法とは、正式に医薬品・医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律となっています。

CBD製品でこの薬機法にかかわる製品は食品に該当される「CBDグミ」です。
過去に1つのCBDブランドが薬機法を違反した事例があり、まとめた記事がありますので、気になる方は下記の記事をご覧ください!

過去記事:【注意】『HEMP BabyのCBDグミ』に成分記載にないメラトニンが混入!薬機法違反で商品を回収。

食品衛生法

出典:https://haccp.shokusan.or.jp/rules/howto/

世間一般的にも馴染みの高い食品衛生法とは、食品の品質や安全性にかかわる法律となっています。
製造から流通までの流れの中で、食品に不衛生・不適切な成分がないかや、法律の規定に則っているかなどを取り締まる法律となっています。

景品表示法

出典:https://ecnomikata.com/original_news/21565/

景品表示法とは、販売される商品やサービス内容・品質・価格等の表示や景品に関する法律となっています。
嘘や偽りが混じったり、表示や景品に誇張表示を取り締まる法律です。

健康増進法

出典:弁護士コラム

タバコでもお馴染みのこちらの、健康増進法は国民の健康維持を目的とした法律となっています。
タバコの喫煙に関する事柄や、特定保健用食品の表示について取り締まっている法律です。

特定商取引法

出典:https://note.com/lemon_303/n/n308a112c528b

特定商取引法とは、事業者の違法的な勧誘行為に関する法律です。

 厚生労働省による大麻成分への規制の見解はこちら

日本でも大麻は戦前からなじみがあり、戦後から規制されています。
近年でも、「芸能人の逮捕の報道」を日常的にTVで見るので馴染みが高いのではないでしょうか?
また公的機関のポスターの「ダメ・ゼッタイ」という環境で育つ人が多いため、ドラッグ、依存症など、ほとんどの人がネガティブな印象を持っていると思います。

大麻の中には、代表的な「THC」と「CBD」の2種類の成分が含まれています。
厚生労働省の見解では、「CBD」と呼ばれる成分は日本でも合法的な成分とされています。

世界保健機関のWHOでも「CBDは依存性薬物ではない」という見解を示しています。

最後に:日本におけるCBD製品の規制をまとめました

今回の記事いかがでしたでしょうか?
様々な大麻に対しての法律や規制内容をまとめれたのではないかなと思います。
やはり、CBDは大麻由来成分となっているので、少し消費者の中でも如何わしいものでは?という意見もあるのではないかなというのが正直な感想となっています。
厚生労働省の見解では、CBDは日本国内でも安全なものとなっているので、気になっている方は、今回の記事を読み、CBDを試してみてはいかがでしょうか?
以上、Lowfry編集部でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました