【改善】肩こりに悩む方におすすめのCBD配合ボディケアが発売!

CBD

どうもLowfryです!
今回ご紹介する内容は、なんと肩こりに効くCBD配合のボディケア『HempMeds アクティブリリーフロールオン』が登場との事で早速記事にしていきました! 肩こりに悩んでいるエイジング世代におすすめの製品となっていますので。ぜひ記事の方チェックしてみてください!

新商品記事:【新商品】CHILLにピッタリなサステナブルD2CのCBDブランド「WEAL.(ウィール)」が登場!4月14日プレリリース!

まずそもそも大麻に含まれるCBDとTHCとは?

日本国内で禁止となっている大麻には簡単に分けて2つの種類があります。 まず合法とされている物質がCBDよ呼ばれるものでもう片方の「THC」と呼ばれる物質が日本国内では違法とされています。

CBDについてはこちら

CBDとは、大麻草のヘンプからできる天然化合物です。大麻草には、日本国内でも何千年も昔から薬として使用されてきた歴史があります。そんなCBDが現在健康効果があるとされ、世界中の科学者や医師によって試され、実証されつつあります。 安全で依存性のないCBDは、100種類を超える「植物性カンナビノイド」の1つとなっています。 この大麻草に含まれる植物性カンナビノイドは大麻草だけにできるもので、大麻草が持つさまざまな医療効果を生み出しています。

またその他にもCBDは使ってもhighになったり陶酔感を覚えたりしないので日本では合法です。 これはCBDとTHCが、脳と体全体にある受容体のうち、異なったものに異なった形で作用するためです。

THCについてはこちら

THCとはテトラヒドロカンナビノールはカンナビノイドの一種となっています。 このTHCは多幸感を覚えるなどの作用がある向精神薬で日本では違法とされています! また依存性も強い為使用しないようにしましょう。

THCの依存の程度はカフェインと同等とされており、そこまで大きくはないという説もありますが、それでも大麻の常習者が突然摂取をやめた際に強い禁断症状が出ることも確認されており、軽視は決してできません。

また、THCを継続して摂取すると、精神や脳機能に影響を与えます

大麻による精神・脳機能の影響について、大麻精神病という言葉が使われることがあります。

現に、大麻使用者が統合失調症の遺伝的素因を持っていると、その発症の時期が早まるという説があります。

また、記憶障害や問題解決能力が低くなるなどの脳機能の障害をもたらすこともあります。

肩こりに効くHempMedsのアクティブリリーフロールオンとは?

出典:https://ec.hempmeds-distributor.jp/products/detail/17 HempMedsのアクティブリリーフロールオンはCBDオイルやメンソール、カンゾウ、アルニカなどの天然成分を配合したボディケアです。 肩こりなどの気になる部分に本製品を塗る事でスーッと筋肉をクールダウンするとともに、じわじわと痛みが和らいでいくのが感じられるようです。 フィットネスの世界では、エクササイズなどの激しい運動後の素早い回復には、体をクールダウンさせることが良いとされている為、CBDが効果抜群の様ですね。 CBD(カンナビジオール)やメントール、カンゾウなど天然成分を配合したHempMeds®のアクティブリリーフ・ロールオンで肌をやさしくクールダウンしましょう。 クールダウンの他にも、メントールの香りが気分もリフレッシュさせてくれます。

最後に:CBDオイル配合の肩こりに効くボディケア品

今回の記事いかがでしたでしょうか? 近年ではCBDの認知度も上がってきており、様々なCBDが配合されています。 今回ご紹介した肩こりに効くCBD配合のボディケアにはCBDオイルが使用されており、健康意識が高い方がよく扱っている成分となっています。 最近では、20代男性の方も化粧水を塗るなどと美容大国の韓国に近い程、美意識が高まってきているのが分かります。 やはり、そんな美容業界なので今後もCBD業界から目が離せない状況となっていますね。 以上、Lowfry編集部でした。  

コメント

タイトルとURLをコピーしました