【必見】CBDの摂取量や効果時間とは?気になるCBD製品の効果などをご紹介!

CBD

どうも、Lowfry編集部です! 今回の記事内容は話題のCBD製品の効果時間や、効果的な摂取量をベースに執筆しています。 cbdオイルやグミ、CBDリキッドなどの製品によって違うとは思うので、製品別の効果時間も記載! 初心者から上級者までご覧いただけると思います! それでは早速記事本編の方行ってみましょう!

過去記事:【話題】CBD製品の危険性とは?効果ない原因や4種の摂取方法・使い方など!

まずそもそも世界的に流行っているCBDとは?

CBDとは? 成分は? 安全なの? - 【公式】CBDショッピングサイト|CBDオイル公式通販 出典:https://cbd-shopping.jp/?mode=f2

CBDとは正式名称:カンナビジオールと呼ばれる大麻の麻に含まれる成分の事を指します。 近年、アメリカを中心に大麻合法化の流れになっているのも読者の皆様もご存じなのではないでしょうか? その中日本でも、大麻に含まれるCBDと呼ばれる成分は法律的にも合法で安心・安全に摂取が可能となっています。 大麻には主に「THC」と「CBD」の2種類の成分があります。 日本では「THC」と呼ばれる成分が違法となっているよう!

CBDの主な効果はこちら

日本国内でも流行っているCBDの効果は下記の様なものが挙げられます。

依存症の緩和 高血圧の緩和 痙攣の緩和
うつ病への効果 不眠症改善 睡眠の質向上
緊張の緩和 関節痛 片頭痛
リラックス効果 食欲改善 精神疾患
鎮痛・抗炎症作用 肌荒れ にきび・湿疹の改善

いやぁ、、凄いですよね。。 これ以外にもCBD製品は4種類ある為、製品によっては他にも様々な病気への効果があるようです。 2021年4月現在も世界の主要国で日々研究がおこなわれているようです。

CBDの4種類の摂取方法や効果時間をご紹介!

CBDってどう摂取するのが一番良いの? CBDの摂取効率(バイオアベイラビリティ)まとめ - CBDMANiA
引用:cbdMANIA

CBD製品にはグミ・オイル・リキッド・クリームなど複数商品展開されており、CBDの摂取方法は、主に以下の4種類の方法があります。 4種類の摂取方法によってCBDの効果時間は変化するのでしょうか?

  1. 経口摂取
  2. 舌下摂取
  3. 蒸気摂取
  4. 経皮摂取

それでは早速4種類の摂取方法についてご紹介して行こうと思います!

経口摂取でのCBDの効果時間はこちら

筋肉の緊張にCBD | ALS?絶対嫌だ!確定診断される前に逃げることにした30代女のブログ 出典:https://ameblo.jp/lina-mka/entry-12629268591.html

経口摂取は、医薬品や食品のようにCBDグミやCBDカプセルなどのCBDが入った食品やサプリなどを口の中に直接入れて飲み込むまたは食べ摂取する方法となっています。

経口摂取のメリットは、CBDリキッドなどと違い、電子タバコなどの特殊な器具やスキルが必要なく手軽で簡単にCBDを摂取できるという事が挙げられます。

また経口摂取にはデメリットも存在しており、CBD製品を摂取したすると消化管や肝臓を通るのですが、消化管や肝臓を通った際に消化や解毒分解が起こるので、血液内に吸収されるCBD量が6~20%と少なくなってしまう事です。

また、経口摂取だとCBD製品の効果が表れるまでに30分~2時間と時間がかなりかかる事もデメリットの一つとなっています!

経口摂取されたCBDの効果時間は4~6時間となっています。

舌下摂取でのCBDの効果時間はこちら

CBDオイルを経口摂取(舌下・食べ物・飲み物)で取り入れる使い方|麻実@CBD|note 出典:https://note.com/cbdlike/n/nb5bd4d4f3b3a

舌下摂取は、舌の下にCBDオイルを垂らし、舌の裏側に約90秒から2分間CBDオイルを残して維持をし、摂取する方法でとなっています

CBDオイル全てが舌下から吸収されるわけではない為、時間が経過したとしても口の中にオイルが微かに残るようです。残ったオイルは飲み込むことも可能なので飲み込むようにしましょう!

そんな舌下摂取のメリットは、吸収率が13~35%と経口摂取と比べてほかの摂取方法よりも高いことです。

CBDが舌の裏側に存在する太い血管から直接吸収される為、経口摂取のケースとは違い、ほとんどのCBDが消化管や肝臓を通過する必要がなく、消化・分解されにくいからです。 経口摂取とは正反対のようですね。

また、効果が出るまでの時間も15分~1時間と経口摂取に比較しても2倍ほど早く効果が表れるので効果時間もメリットとして挙げられます。

ちなみにCBDの効果の持続時間は、4~8時間と比較的長いです。

また舌下摂取にもデメリットが存在し、舌下摂取のデメリットは摂取する際に経口摂取と比較して、初めての摂取の際に少し難しく感じるかもしれないということです。

蒸気摂取でのCBDの効果時間はこちら

リキッドやオイル、キャンディからグミまで様々な方法で摂取可能なCBD | CBD FREAKS 出典:https://48style.jp/about/310/

吸入摂取は、電子タバコやアークペン・vapeなど特殊な器具を使って、CBDを気化させて直接肺に吸収させる方法です。嗜好品として扱うにはこの蒸気接種がおすすめとなっています。

蒸気接種のメリットは、CBDを直接肺が吸収するので、他の方法よりも速くCBDを吸収することができ、数秒~10分で効果を発現することができることです。

さらに、吸収率が34~56%と非常に高いことから、蒸気摂取はCBDを摂取する最も効果的な方法の一つとしても知られています。 蒸気接種がかなりポピュラーなやり方となっているようです!

しかしデメリットも存在しており、デメリットは、吸入摂取をするにはアークペンやvapeなどの専用機器を購入することが必要なことや、吸入摂取は効き目が速い反面、効果の持続時間が30分~1時間程度となっており持続時癌が短い事がデメリットとして挙げられます。 最近では初めて蒸気接種するビギナー向けにスターターキットなど販売されているようです。

舌下摂取や経口摂取に比べると、蒸気接種は効果が早く消えてしまうので、長時間の効果を期待したい場合は蒸気接種ではない違う摂取方法をするようしましょう!

禁煙の場所でもCBDの蒸気接種を扱っていいのかや、未成年でも蒸気接種でCBD製品を吸ってもいいのかなどまだまだ気になる事が多いのがこの吸引方法ですね。。 今度調べてみようと思います!

経皮摂取でのCBDの効果時間はこちら

CBDオイルやクリームの製品の中にはローションや絆創膏、経皮パッチの形で販売されているものがあり、直接皮膚にクリームのように塗布したり絆創膏のように貼付したりするcbd製品が販売されているようです。

CBDの経皮摂取のメリットは、皮膚の毛穴から経皮吸収させるため、CBDが直接血液中に到達することがないことから、局所的な痛みの緩和にはとても優れていることです。

デメリットは全身作用がないため、全身のリラックス効果や慢性的な症状の緩和は期待できないことが挙げられます。

経皮摂取したCBDの効果が出るまでの時間は最大2時間で、効果の持続時間は5時間以上です。また、経皮パッチは24~48時間効果が持続します。

CBD製品のご購入はこちらから

今回ご紹介した4種類のCBD製品のご購入が下記から可能となっています!
これからCBDを始める方や、もうすでにリピーターの皆様是非ご購入してくださいませ!

食べるだけでCBDを実感できるCBDグミ


こちらは経口摂取(CBDグミ)で編集部がおすすめする商品となっています。
有名なCBDグミにヘンプベイビーと呼ばれる製品があるのですが、2020年12月からの製品にメラトニンが混入していたとの事で、薬機法違反となりました。

こちらの製品はメイドインジャパンと私たちの日本で、製造販売されているので安心感があるのが特徴です!
ぜひグミなどのお菓子好きな方、一度は食べて頂きたい製品となっています!

 

電子タバコで摂取可能なCBDリキッド

 

 

こちら編集部おすすめのCBDリキッドとなっています。
アイコスやタバコを喫煙していて、禁煙をしたい方や、蒸気接種でCBDを使用したい方はこちらのCBDを是非ご使用してみてください!
価格はやや高いのですが、1000mgとかなりの量がある為、頻繁に買いなおす必要がないのと、CBDが10%と高濃度なのが特徴です!
CBDのキック感としっかりとした効果を楽しみたい方におすすめです。

 

飲み物や食べ物など料理に入れるだけで使えるCBDオイル

続いて編集部がおすすめするCBDオイルはこちら!
料理やココアなどの飲み物と食べ物にオイルを垂らすだけでCBDを摂取することが可能なCBD製品となっています!
料理好きで疲れがたまっている方におすすめの製品です。
お好きな一品にオイルを入れればCBDの効果が得られるため、かなり効率的にCBDを実感できます。

 

にきび・湿疹などの肌トラブルにお悩みの方向けCBDクリーム

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CBD バーム スキンケアクリーム CBDfx CBD 150mg 57g 癒し 筋肉 夜用 保湿 4種類
価格:6280円(税込、送料別) (2021/4/2時点)

楽天で購入

こちらのCBDクリームなのですが、かなり編集部は一押ししています!
なんとCBDクリームの効果は絶大らしく、湿疹やシミなどの老化に見られる要因である悩みを消してくれる製品となっています。
湿疹などの痕も消す効果があると研究報告があり、効果が増大と言われています。
肌を若く保ちたい方や、10代20代の方でニキビにお困りの方は是非ご購入してみてください!

 

最後に:CBDの効果時間は摂取方法によって異なる

今回の記事いかがでしたでしょうか? やはり経口摂取や蒸気接種などオイル・クリームも含めてCBDの効果時間にばらつきが出る様ですね。。 そのほかにもCBDには様々な効果があるため、健康・美容効果にも期待されている現状の様です。 Instagramでも若者の美容意識の高い方などは写真なども挙げており、今後よりいっそうCBD製品の動向から目が離せません! 以上、LowFry編集部でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました