【粉物】料理でも使用できるパウダー状のCBDアイソレートとは?使い方や効果など!

CBD

今回は月の葉から登場しているCBDアイソレートについて触れていきたいと思います。
CBDのアイソレートはパウダー状になっている製品です。
摂取方法は主に鼻から摂取するなどの方法があるようです!

おすすめの過去記事:【アメリカで人気】ペット用CBDオイルBailey’sをご紹介!犬がCBDを摂取しても安全なのかを調査!

CBDアイソレート(パウダー)とは?使い方は? | CBD☆パンダ

出典:https://cbd-panda.com/concentrate/cbd-powder/

CBDで使用するアイソレートとは?

CBDアイソレートは純粋な結晶/粉末のCBDとなっています。
CBDアイソレートはフルスペクトラムCBD商品と違い、ヘンプ草に含まれているオイルやワックス、テルペン、クロロフィル等の成分を抜いています。
99%以上の純粋なCBDで作成されているため、CBDアイソレートで特にCBDだけの効果が実感出来る商品となっています。

 

CBDアイソレートの作成方法

出典:https://note.com/cbdlike/n/n525e13ca7725

CBDを大麻のヘンプ草から取り出すのに今もっとも人気で有名な抽出方法が超臨界CO2という抽出方法です。

超臨界CO2以外にも、エタノール抽出法方や炭化水素抽出方法がありますが、いずれも旧式となっている為、現在はあまり使われていません。

CO2抽出が終了すると取り出される成分がフルスペクトラムCBDと呼ばれる物質です。
しかし、このままではまだCBD以外の成分も残っています。

脱炭酸という方法で酸を排除し、濾過をしCBD以外の成分にフィルター

⬇︎

その後脱ろう処理で余りのワックスや脂肪分を取り除く。

⬇︎

最後に残るのは白い99%純度のCBDの粉末です。

CBDアイソレートvsフルスペクトラム

CBDのフルスペクトラムというのは原液由来の各種カンナビノイド、テルペンと言った成分が全て入っている状態のことです。
体内に取り込まれた時、それぞれの成分が互いの効果を増幅させ、”アントラージュエフェクト”と言ったいわゆる相乗効果を発揮するのが特長です。

CBD クランブルやパウダーを使った高濃度リキッドの作り方 - VapeMania

出典:https://vapemania.tokyo/how-to-make-high-concentration-liquid-using-cbd-crumble-and-powder/

アイソレートはCBD単一なのでCBDのみの効果が得られますが、”アントラージュエフェクト”のような効果の増幅が望めません。ですが、CBDのみの効果を求めている方やTHCが心配な方には合う商品ですね。

CBDアイソレートの使い方とは?

CBDアイソレートの使い方は、使用者によって違いなんでもよくなっています。
粉状のパウダーになっているCBDアイソレートなのですが、ケーキに使うパウダーにしたり、コーヒーなどに混ぜたり様々な使い方ができそうですね!
少し悪ぶった雰囲気を出したいときはコ〇〇ンみたいに札束で鼻から摂取するのもいいですね笑
CBDアイソレートは無味無臭になっているため、CBDの味が苦手な方にも楽しんでいただく事が可能です。
その他にも味がないだけで様々な料理に入れる事ができる魔法の粉になっていますね!

最後に:料理にも活用できるCBDアイソレート

いかがでしたでしょうか?
CBDアイソレートが無味無臭となっているため、CBDコーヒーやCBD入りたこ焼き、CBD入りの好きな料理を作成することが可能となっています。
いやぁいいですね。。料理×CBDで健康・美容効果を楽しめるなんて・・・。
パウダー状のCBDを楽しんだことがない人も少なくないんじゃないんでしょうか?
気になる方はぜひご購入し使用を検討してみて下さい!
以上、LOWFRYでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました